これからのインテリア

一戸建てにしろ、分譲マンションにしろ、インテリアの魅力というのは大きく、モデルルームやパンフレットなどで見本として美しいインテリアをよく見かけます。日本の住宅事情の小さく狭いといったイメージは少しずつ払拭されつつあるように思います。確かにアメリカなどの欧米の住宅と比較してそれより大きくなることはないかもしれませんが、昔の小さく部屋を分けたようなタイプの間取りよりもリビングを中心に壁をとっぱらった開放感のある空間を提案するパターンも増えています。畳の部屋が少なくなったと言われながらもどこかに和室を残しているというのも現在の日本の住宅という感じがします。一般の方のインテリアレベルも上がったことからインテリア雑誌顔負けのコーディネートを実践している人もいます。これからの日本のインテリアはさらに個性化の道を歩むのではないでしょうか。家族で住むだけでなく、一生独身で過ごす人もいれば、学生や若い人がよく住むタイプのマンションではニーズも違うと思います。ルームシェアというのも日本の都会でも聞くことが増えてこれからの住宅スタイルも多種多様化してインテリアもバラエティ豊かにその人らしさが重要視されていくように思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ